MPEG-2 TS と TypeScript の拡張子同じ問題を解決する超軽量プログラム "TS App Selector" を作りました

世界中の全ての MPEG-2 TS を扱う TypeScript プログラマに朗報です。

Background

TypeScript ファイルの拡張子が .ts と決まった瞬間、私はとても困惑しました。なぜなら、既に一般に使われている MPEG-2 TS (動画ファイル)の拡張子 .ts と被っていたからです。

それで泣く泣く MPEG-2 TS の拡張子を .m2ts に変えて運用していましたが、それに伴った弊害もありました。 .m2ts という拡張子は一般に BDAV MPEG-2 TS という拡張フォーマットのために使われていました。パケットサイズがそれぞれ 188 と 192 で異なるため、拡張子でフォーマットを判別している系のアプリケーションでは正常に動作しないのです。とはいえ拡張子を同じにしておくと、コードエディターで動画ファイルを間違って開いてしまう事故がしばし発生します。これは良くないです。

で、なんか、いろいろあって、TS App Selector というものを作りました。(説明飽きた)

※ 当時のディスカッションページが消えてなくなっていました。どこかに残っているかも・・・アーカイブゆる募。

Feature

  • MPEG-2 TS と思われるものとそれ以外のもの、それぞれ設定したアプリを自動的に選択して起動します。
  • 非常に軽量かつ高速です。

Download

  • こちら..._win32_x86.zip がそれです。

Usage

適当な場所に解凍しておいて、tsファイルを右クリック → プログラムから開くTSAppSelector.exe を指定する。

TSAppSelector.ini 設定例

[APP]
PLAYER="C:\Program Files\VideoLAN\VLC\vlc.exe"  
EDITOR="C:\Program Files (x86)\Microsoft VS Code\Code.exe"  

Source

適当に書いたし、すごく短いです。