TideKit が失敗、ベーパーウェアのままプロジェクトが解散へ

TideKit Team から 2015年7月12日 23:31 にある1通のメールが送られてきました。

!?

知らない人のために TideKit が何なのか先に説明しておくと、デスクトップ・タブレット・モバイル等マルチプラットフォームに対応するアプリ開発プラットフォームとして発表されていました。 IonicNW.js 、または Electron のようなものと言ったら分かりやすいでしょうか。

Tidekit の前身は TideSDK 、そのまた前身は Titanium Desktop でした。これら全てが今日、無かった事になっています。ほとんどのウェブサイトやソーシャルアカウントも消えています。

2014年3月、 Tidekit Team はプロジェクトの発表後、ベータ版にアーリーアクセスするためのチケットを $99, $29 で販売していました。それは私も買いました。

しかしその後ほとんど音沙汰が無く、たまに届くメールは (本当かどうかは分からない)実際の先行開発者の高評価の声と、デモアプリの公開、スクリーンショット、ビルドサービスの案内で、そして最近届いたメールは、早期イグジットを匂わせる内容でした。実際の開発キットは最後の最後まで届きませんでした。

そして最後に届いたメールは次のように締めくくられています。

苦肉の決断だったがこれを中止し、会社を解散すると。とても残念です。

ちなみにこのシリーズは全てオープンソース開発でしたが、もはやソースコードは見つかりませんでした。 GitHub で見た記憶すら危うくなっています。

彼らは3年間、 TideSDK 代わりの Tidekit を血眼になって開発していたという事はおそらく本当のことなのでしょう。それがどの程度の完成度に達していたのか、今となっては知る由もありません。

今、ベータチケットを購入した開発者たちはこれは何事かと炎上しています。少なくとも、1000人は居るはずです。

So what happened?! TideKit was in "beta" and being deployed to actual users and you up and disappear? If you really worried about the competitors, why not just open-source the code? - What Happened? #59 - GitHub

Months and months went by and there was no movement, so after some complaints they began writing update blogs, again talking about how soon they were going to be opening up for beta testers. - TideKit Failure – Blaming the Community? - HackerNews

私は別に $99 はどうでもいいですが、ソースコードは見たかったなぁと思います。