Azure Websites で Node.js アプリケーションをマルチプロセスで動かす方法

Websites ではインスタンス構成によってはCPUコア数が2個以上ある環境が用意されるが、Node アプリケーションを一つしか動かさないシチュエーションでは高負荷時の処理効率があまり良くない。 一般的に Node アプリケーションをマルチプロセス化するには、子プロセスをスポーンさせたりする実装が必要。 Websites は 前記事の通り iisnodeという Node のプロセスを良い感じに管理する仕組みがあるので、これのオプションを変更することで、多くの場合は既存アプリケーションに手を加える事無く、実行させるプロセス数を増やすことができる。 この方法を使うことで、アプリケーションへのHTTPリクエストも効率よく分散できる。 how-to nodeProcessCountPerApplication:プロセス数 といった内容の iisnode.yml を »