Azure Web Apps で Node.js v0.12.3 が利用可能ですが、デフォルトは v0.10.32 のままです。

Azure Web Apps 上の環境で Node v0.12.3 が配置されています。デプロイ済みのサイトでこれを利用するには、 WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION 環境変数を以下のように書き換えます。 注意! ウェブアプリを新規追加した場合も今はまだ 0.10.32 がデフォルトのままです。くれぐれも注意してください。 ちなみに64-bitで動かす場合はこちらをどうぞ。 »

Azure API Apps を Node.js で作って Logic Apps で使う

今週リリースされた Azure API Apps、 ASP.NET で開発するチュートリアルはあったのですが、 Node.js で開発するチュートリアルがありません。しかもドキュメントもほとんど無いです。 API Apps は Web Apps (Websites) 基盤上で提供されているようで、 Node.js も動かせるポテンシャルがあります。これは、なんとしてでも動かしてみなければなりません。 とりあえず動かしてみることが目的ですので、単純に現在時刻を提供するAPIを作ってみましょう。 1. »

Deploy to Azure 3月のアップデート

みんな大好き Deploy to Azure がちょっとアップデートされました。 projectkudu/slingshot: way to distinguish optional parameters? #29 にて issue を出していたのですが、こないだ実装してもらえました。 任意のパラメーターであることを区別できるように (Optional) が表示されるようになりました。もうちょい、色を変えたりして判りやすくする余地はありますが。 "parameterName": { "type": "string", "defaultValue" »