Mirakurun をリリースしました。

Mirakurun ※ロゴは仮

というわけで Mirakurun (npm) をリリースしました。と言っても npm に最初のバージョンを publish したのは3月中旬頃だったと記憶しているので、今更なお知らせかなって感じです。

そういえばこのブログ上ではまだ一度も Chinachu に関して言及していませんでした。その件については次期リリースの Air をお待ちください。

これは僕の悪い癖ですが、リリース目標とする品質を高く設定しすぎてしまうがあまり、開発が長引き、β版状態ではあまり告知をしない癖があります。 Chinachu はまだβ版ですので、それが理由でその存在を告知したことは同人誌以外ではほぼほぼありません。気が付いたらほぼ口コミのみで様々な方が利用して下さっているようです。

# 山陽放送の方はもしかしたら Chinachu の同人誌を持っているのかもしれません。

話を戻します。ちょっと前に Mirakurun をリリースしました。

おおむね Spinel という Windows 用の BonDriver サーバーに影響を受けて開発した汎用デジタルテレビチューナーサーバーです。 TypeScript で実装していて、 Node.js >=5.9.0 で動作します。プラットフォームは Linux, Windows 上で動作確認しています。

主な機能は

  • RESTful API (Open API / Swagger 2.0 に準拠)
  • Unix Sockets / TCP / 名前付きパイプ (Windows)
  • 高信頼なチューナー制御 / 優先度管理 / マルチストリーム
  • MPEG-2 TS パーサー, フィルター
  • リアルタイム EPG パーサー, インメモリ EPG ストア
  • recpt1 / DVB コマンド制御対応

こんな感じです。

Linux の場合は PM2 を採用して SystemV / OpenRC / SystemD / upstart に対応しました。

Windows の場合は winser を採用してサービスに登録されるようになっています。何度か質問がありましたが、最近 Bash on Ubuntu on Windows が話題になったのとは関係ありません。 Windows 用の Node.js を使ってネイティブに動作します。

インストール方法等は README.md 等を参照してください。

リリース後まもなく、 TVTest から Mirakurun を利用するための BonDriverg2labo さんが作っています。すごいです。 Chinachu (β版) のリアルタイム視聴はイケてないので、リアルタイム視聴したい人は Mirakurun をさっさと導入すべきです。

また、 Mirakurun クライアントのリファレンス実装として Rivarun (npm) もリリースしました。これは recpt1 のように Mirakurun を利用できる CLI です。

たとえば東京圏の方は以下のようなコマンドで Mirakurun の凄さを実感できると思います。

rivarun --sid 23608 --ch GR/16 - - > /dev/null  
rivarun --sid 23609 --ch GR/16 - - > /dev/null  
rivarun --sid 23610 --ch GR/16 - - > /dev/null  

これらのコマンドを同時に実行してみてください。実際に利用するチューナーは1つのみです。 Mirakurun は LAN 内でチューナーを共有するための最高のソリューションです

ここまで書いて眠くなってしまいました。詳しい続きは夏コミ(受かれば)の新刊に日本語で書く予定です。

関連リンク